血液オゾン療法(血液クレンジング)とは?

血液オゾン療法とは?

自由が丘の歯科・歯医者「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック/インプラントセンター」では、キレイな血液を体内に循環させる「血液オゾン療法」を行っています。まだ日本ではなじみが薄いため、はじめて耳にしたという方もいるのではないでしょうか。しかしヨーロッパでは、古くから行われてきた治療法です。こちらでは、この「血液オゾン療法」についてご紹介します。

血液オゾン療法(血液クレンジング)について~見込める期待~

血液オゾン療法について~見込める期待~

血液オゾン療法とは、健康増進や老化防止を図ることを目的として行われる治療法です。血液に対し、医療用のオゾンガスを用いて少量の酸化ストレスを与えることで、身体が本来持っている抗酸化力を活性化させ、免疫力高めていきます。

別名、「血液クレンジング」「血液オゾンクレンジング」などとも呼ばれる血液オゾン療法。その効果には、以下のことが期待されています。

全身に酸素がいきわたる 全身の血行がよくなる 血液がサラサラになる
身体の抗酸化力が高まる 免疫力がアップする 全身の細胞が活発になる

安全性について

安全性について

血液クレンジングで使用する器具(専用注射筒、専用注射針、専用採血ビンなど)は、毎回新品を使用し、一度使用 したものは全て破棄します。
また、操作はすべて閉鎖空間で行われ、採血した血液が外気に触れることはありません。そのため途中での感染や取り間 違えなどの心配もありません。

オゾンガスと血液が触れ合うことでどのような現象が起こっているのか?

オゾンは強力な酸化を持つので、混和すると血液中に存在する様々な分子と瞬時に反応します。
V.Bocciはこの反応を最初に起る「オゾン初期反応」とそれに続いておこる「脂質過酸化反応」とに分けて説明しています。

1)オゾン初期反応
赤血球の酸素運搬能力の改善、白血球の免疫力増加、血小板の凝集抑制

2)脂質過酸化反応
抹消血管を拡張させて血液循環を改善させ、骨髄に作用し、酸素運搬能の高い赤血球(スーパー赤血球)を産生させ、この半減期は長く、様々な臓器に作用して全身的な抗酸化力を発揮させます。

血液オゾン療法の5大効果
Pick
Up!
なぜ歯科で行うのか?

「歯周病や根尖性病変は心筋梗塞の主な原因の1つである」
他、脳動脈瘤、菌血症、エンドトキシン血症、酸化ストレス増加、脳梗塞、乳がん、冠動脈疾患などの様々な疾患との関連について多数報告されています。
口腔と全身は同一です。そして歯周病や根尖性病変は“感染症”です。
口腔という一部の局所の慢性炎症から全身的な炎症を起こし、多種多様な全身疾患を発症させることが証明されています。これからの歯科医療は、全身的なアプローチが必要不可欠となります。
歯科の場合は、口腔から全身を考え、同時に全身から口腔を考えるための知識と技術が求められます。そういった中で血液オゾン療法は非常に大きな役割を果たします。
悪くなってから治療をするでのはなく、悪くならないように病気を予防し、健康寿命を延ばすために老化を防止することが何よりも大切なことだと考えています。

歯科での最大の目的
  • 歯科治療に伴う全身への炎症拡大抑制効果、及び感染抑制効果
  • 歯周病やインプラント周囲炎の治療や予防のため
  • 口の中の不定愁訴に対する治療
  • 口腔乾燥症(ドライマウス)やシェーグレン症候群への唾液分泌量増加のため
  • 口腔外科手術の疼痛緩和・感染防止・創傷治癒促進
  • ヘルペス性口内炎
  • 根尖性病変
  • 末梢神経障害
  • 創傷の治癒促進
  • がん
  • 口腔に影響を与える可能性のある全ての全身疾患や生活習慣
  • 副次効果として、アンチエイジング効果、美白、シワ、シミ、疲れにくくなる
歯周治療、根管治療、抜歯などを行う際、
菌血症やエンドトキシン血症を防止させる効果

治療部位が感染していると、治療と同時に菌血症やエンドトキシン血症を高頻度で発症すると同時に血管内皮機能も低下することが報告されています。
血液オゾン療法を併用することで、様々な免疫力の増強効果があり、さらにこれが血管内皮や血小板に作用することで抹消血液循環改善効果が認められているので、処置の直前~同時期に行うことで、菌血症やエンドトキシン血症を低減化できるとも言われています。

歯周病や根管治療の病変の局所から血管系、リンパ管系を通じて、
病原性微生物、内毒素、活性酸素が全身へ暴露し、全身疾患へと継発するのを防止

歯周病や根管治療の病変が様々な理由で放置されたり、治療してもなかなか効果が得られないような場合、持続的に局所から全身へ病原性微生物、内毒素、活性酸素が血管やリンパ管を通じて全身へ運ばれ、様々な臓器がこれらに暴露されますが、これらを血液オゾン療法によって低減化できると考えられています。

血液オゾン療法を行う頻度

治療の場合(疾患を根本的に治す、体質を根本的に改善していく場合:12回を1クールとして、最低3セットは行う。血液オゾン療法は、なるべく短期間に継続的して集中して行います。抗酸化力や免疫力の向上、血液循環の改善、抗炎症効果、全身への酸素運搬力増進などの体質改善を目指すものなので、投与間隔が空いてしまえば、一時的な体感があったとしても、根本的な体質は変わりません。
※6カ月以上継続した血液オゾン療法によって、患者の75%は、ガンの完治を含めて明らかな治療効果を示すというデータが出ています。(Dr.Ramberto Re)

■予防の場合・・・ メンテナンスとの併用が多い。(1か月に1度~3か月に1度程度)
■アンチエイジングの場合・・・ 月に1回~2、3回の方もいれば数か月に1回

このような方におすすめです

以下のことに当てはまるものはありませんか? 血液オゾン療法は、このようなことでお悩みに方におすすめです。

  •  細胞を活発に働かせ、身体の内側から若返りたい
  •  自分の血液で抗酸化力を高めたい
  •  肩コリ・頭痛・腰痛がある
  •  慢性的な疲れを解消し、疲れにくくなりたい
  •  サラサラな血液になりたい
  •  冷え性である
  •  慢性疼痛がある
  •  よく風邪をひく
  •  痩せたい、痩せやすい体質になりたい
  •  喫煙する、もしくは喫煙者が家族にいる
  •  不妊症治療を受けている
  •  動脈硬化があり、心筋梗塞や脳梗塞などが心配だ
  •  悪玉コレステロールがある
  •  尿酸値が高い
  •  アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息がある
  •  鼻炎、副鼻腔炎にかかっている
  •  肌のハリ、うるおいを取り戻したい
  •  美肌、美白治療の効果を高めたい
  •  薄毛に悩んでいる
  •  血行を改善し、末しょう循環をよくしたい
  •  歯周病や口内炎を解消したい
  •  がんを予防いたい
  •  頭が回らなくなってきた

血液オゾン療法(血液クレンジング)の流れ

患者様ご自身から採血した血液を瓶の中で、オゾンと反応させてから点滴の要領で静脈に戻すという手順を踏みます。オゾン化された血液を再び体内に戻すことで、赤血球の酸素運搬能力向上させ血小板の凝固作用を抑制し、血液をサラサラの状態にし多種多様な疾患の予防、改善が期待できます。

STEP1
採血

STEP1 採血

はじめに、100~250cc程度採血し、専用のビンに入れます。静脈血のため、暗い紫色をしています。

STEP2
オゾンガスの注入

STEP2 オゾンガスの注入

ビンの中に、医療用オゾンを適切な量注入します。

STEP3
オゾンガスと血液の混和

STEP3 オゾンガスと血液の混和

ビンの中で、血液にオゾンガスを溶解させます。血液の酸素の濃度が上昇して、鮮やかな赤色になります。

STEP4
点滴

STEP4 点滴

点滴によって、オゾン化した血液を体内に戻します。30分程度で完了します。

血液オゾン療法(血液クレンジング)Q&A

Q.副作用があるか心配です

A.日本ではまだあまり取り入れられていない治療ですが、ヨーロッパでは30~40年の歴史があり、ごく一般的な治療法の一つです。適切な治療を行うため、副作用はほとんどありません。

Q.効果はどれくらい続きますか?

A.最初は1週間、2週間程度ですが、続ければ続けるほど3週間、1ヶ月、2ヶ月と持続します。また、効果も次第に増加することが期待できます。

Q.本当に安全な治療ですか?

A.ヨーロッパで長い歴史のある治療法で、その間に多数の医学的研究が繰り返し行われ、や安全性は確かめられています。一部の国では保険適応にもなっており、イギリスでは王室でも採用されているほど信頼されている治療法です。

Q.大量の血を抜くのでしょうか?

A.採取する血液の量は、約100mlと少量なのでご安心ください。オゾン化が完了しましたら点滴で、すぐに体内に戻しますので、とても簡単です。所要時間は約30分程度です。

Q.どのくらいのペースで治療を受けたらいいでしょうか?

A.この治療は、治療の回数が増えるごとに、治療効果が持続し、効果も次第に高まるという特徴があります。またこの治療を、毎日受けても体に害がないという特徴もあります。そのため最初の2ヶ月は健康な人で月2回、病気のある方で、約月4回、その後は、健康な方は月1回、病気の方は月2回と減らしていきます。

Q.約100mlの血液で全身に良い影響が出ますか?

A.この治療法では血液量に比べてオゾンの量を多く入れています。点滴で体内に戻った血液は、体内の血液に希釈されてちょうど良い濃度となり、すべての血液を活性化し、血液クレンジングもするのです。そのため100mlの血液の量でちょうどいいのです。

  • Before
    Before
  • After
    After
「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック」の料金表はこちら